LAMP環境ってなに?

今回はサーバの環境構築をする上で欠かせない「LAMP環境」の基本をご紹介します。こんばんわ、Web担当神凪です。
「LAMP」は、とある単語の頭文字を4つ並べたものですが、どんな単語を想像しましたか?

LAMPとは?

  • L → Linux
  • A → Apache
  • M → MySQL
  • P → PHP(perl, python)

これら4つは、Webアプリケーションを開発する環境として支持されているオープンソースソフト。ひとつずつ説明していきましょう。

Linux:サーバによく使用されるOS

「Linux」とはなんぞや?というのを解説するだけで1つの講座・連載になってしまうためここでは簡単に説明をしますね。
ざっくりと言ってしまうと、サーバによく使われるOSです。

不特定多数へのサービス展開のため、安定性・動作の軽さ・操作方法等、コンシューマ向けOS・・・まぁWindowsですね。大きな差があります。

たとえば・・・マウスは不用品です。サーバOSは基本的にCUI(command line Interface)です。

Apache:Webサーバ

Web上にサイトを公開するには必ず「Webサーバ」が必要になります。
いくつかあるWebサーバの中で有名なソフトウェアがこの「Apache」で、高機能かつデファクトスタンダード(事実上の標準)となっています。
そのため文献も多く、先人達の知識のおかげで初心者向けのソフトウェアとなりました。

MySQL:データベースシステム

MySQLは「RDBMS:リレーショナルデータベース」と呼ばれる種類のデータベースです。データベースって何ぞや?はここでは割愛しますが、プログラムを通して情報、データを書き込み、変更し、取り出し、削除したりします。読み方は「マイ エスキューエル」

で、データベースって何よ?とか、SQLって何よ?になるとこれまた一つの連載になりますので、やっぱりここでは割愛します。

MySQLはApacheと同様に、世界で最も利用されているデータベースの一つとして名前を挙げられることが多いです。

PHP:プログラム言語

LAMPで指す場合のPですが、「PHP」「Perl」「Python」等、多くのプログラム言語を指すことが多いですが、ここではPHPであると仮定して進めますね。
いずれの場合でもプログラム言語には違いないのですが。

で、このプログラム言語。サーバ側で動作するプログラム言語になります。
ちなみに、何かしらのシステムを構築する場合、「フロントエンド」「バックエンド」といった領域の話がよく出てきます。

|フロントエンド|「ユーザ側で動作する」領域。Webサーバの場合はHTML、CSS、JavaScript等の「サイトの見た目や動き」を作る領域が多い|
|バックエンド|「機能面」の実装を行う領域。いずれもサーバ側で動作し、データベースの連携やログイン処理等の機能を実装する。|

こんな違い。MySQLやPHPはバックエンドに属しますね。

PHPでできることは数多くありますが、Webサーバの場合はデータベースとの連携やログイン処理を行うことが多いですね。上記のとおりです。

最後に

今回はLAMPとは何かというところを中心にお話しました。
それぞれがどんな役割があるか、朧気でも見えてきていれば良いのですが。
朧気でも見えてくれば、あとは慣れになると思います。
次回からはNCEで提供しているシングルLAMPサーバの構築をご説明させていただきますね。
是非、一度経験してみてはいかがでしょうか?

NCEではLAMPサーバ等も含めたインフラシステムの構築を手掛けています。
だれでも気軽にやりたいことを。そんなスローガン。
どんな細かいことでも結構ですので、お気軽にお声かけくださいね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください