CentOS7でEPELリポジトリの導入

ウチではある意味デフォルトではあるんです。CentOS本体のリポジトリですと若干更新が遅かったりするので多用しています。こんばんわ、Web担当 神凪です。
状況を理解して使用する分には公開サーバ等でも使用しても良いとは思います。ClamAV等はこちらでないと入手できなかったりしますので。

目的

  • CentOS7で使用できる、公式リポジトリよりも新しいパッケージや、公式にないパッケージを利用する。
    • FedoraProjectと互換性あり

環境

  • CentOS 7

準備

手順

EPELリポジトリの導入

実はコマンド1発だったりします。
rpmでもyumでもいけます。好きな方で。

# yumでのインストール
yum install epel-release

# rpmでのインストール
rpm -ivh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

まとめ

これ単体で記事にするのもどうなのだろうと思っていたりします。
が、技術(?)メモは極力残していくべきとも思いますので・・・。

  • 最新/拡張パッケージを使うならEPELリポジトリを使おう
  • EPELリポジトリは、FedoraProjectのFガイドライン、ルール、ポリシーに従っている。
  • 場合によってはバージョンロック等の導入も考慮しよう

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください