CentOS7でデータベースサーバの構築(MariaDB)

今回はデータベースサーバの構築を行います。Web担当 神凪です。こんばんわ。
CentOS7より、標準DBがMySQLからMariaDBに切り替えられました。なのでMySQLではなくMariaDBをインストール。

ちなみにMariaDBはMySQLから派生したリレーショナルデータベース管理システム。MySQLから派生というだけあって、ほぼ同じコマンドを使用できます。さっそくインストールを進めましょう

目標

  • DBサーバを構築する。
  • MariaDBサーバはUTF8で運用する。

環境

  • CentOS 7.3

準備

  • CentOS初期設定が完了していること

手順

結構さっくりです。

MariaDB インストール

yum -y install mariadb-server

MariaDB 設定

vi /etc/my.cnf.d/server.cnf

以下の内容を、[mysqld]セクションに追加します。
MariaDBサーバの文字コードをUTF8に変更するための設定です。

character-set-server = utf8

MariaDB 起動

systemctl start mariadb
systemctl enable mariadb

MariaDB 初期設定

このコマンドを実行するとMariaDBの初期設定が始まります。

mysql_secure_installation

問い合わせに対する応答内容は以下の通り。
「問い合わせ > 応答」の形です。

Enter current password for root (enter for none): > (空)
Set root password? [Y/n] > Y
New password: > (任意の文字列)
Re-enter new password: > (New Passwordで応答した文字列と同じパスワード)
Remove anonymous users? [Y/n] > Y
Disallow root login remotely? [Y/n] > Y
Remove test database and access to it? [Y/n] > Y
Reload privilege tables now? [Y/n] > Y

まとめ

以上でMariaDBのインストールが完了です。
実際に使用する際は、MySQLと同様にmysql -u root -pでrootアカウントログインができます。他のコマンドもほぼ同じです。
必要であればいろいろコマンド入力して動きを確かめても良いかもしれません。

それでは!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください